【過去の作品類】


手芸用品のお買い物情報

レジンの購入できる場所【通販、手芸店、100均等】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
100均レジンの比較1

※記事が陳腐化してきたので、一部、更新を行いました。
現在の情報は2019年1月時点のものとなります。
購入の際は価格等改定もあるかと思いますので、適宜各ショップにてご確認をお願いいたします。

2014年頃にレジンアクセサリーを私が始めたころはまだまだ購入場所が少なく、手芸店でもなかなか見つからないなーと探していました。
最近はUVレジンのコーナーが広がってきているようなので、困っている人は少ないかもしれません。
でもいつだって初めての時は悩むことが多いものなので、改めて2019年版として購入場所まとめの記事を書き直すことにしました。

レジンを購入できる場所

メジャーなのは下記だと思います。
それぞれ、私の考えるメリット・デメリットも挙げていきます。

  • 手芸用品店
  • ネット通販
  • 100均
  • 画材店
  • 東急ハンズなどの雑貨中心のショップ

まずはスタンダードに。手芸用品店

ハンドメイド、と考えたときに一番スタンダードな場所です。
ユザワヤ、貴和製作所やクラフトハート トーカイなど。

2019年時点ではレジンアクセサリーもだいぶメジャーとなり、特に大手の手芸店では取り扱っているところがほとんどのようです。
コーナーができている店舗もあり、チャームや封入物などの品ぞろえも良くなってきています。
価格は一番小さいレジン液で500円程度。
多い価格帯は1000円~1500円程度、大容量のUVレジン液は3,000円ほどでした。

手芸用品店のメリットは3点

  1. 封入する素材(パーツやレース、はぎれなど)、シリコン型なども合わせながら購入できる
  2. 作品の展示などがあり、実物のイメージがわきやすい
  3. 体験講座などを実施している店舗がある

店舗情報の検索などは下記、各サイトから

貴和製作所
ユザワヤ
クラフトハート トーカイ

品ぞろえの多さなら。amazon、楽天をはじめとしたネット通販

作品に使用するパーツ等にメーカー名や商品などのこだわりがある場合や2回目の購入であれば、ネット通販がおススメです。
上手に買えば、実店舗より安く変えることもあるのが嬉しいですね。
価格調査に夢中になりすぎて、あっという間に時間がたっていた!!とならないようには注意ですが。

購入の際の注意点

実店舗より初めてのお店での購入リスクはあるので、しっかり情報もチェックしましょう。
可能であれば、手芸用品を専門で扱うお店で購入した方が品質に安心が持てるかと思います。

  1. 送料、支払い方法などをチェック
  2. 口コミなどできちんとした商品が送られるかをチェック

ネット通販利用のメリット

  1. お気に入りのショップが見つかれば定期購入しやすい
  2. 特定のメーカーを指定して探すことができる
  3. まとめ買いしやすい

私はまとめ買いをすることや、店舗では目移りしすぎてしまう、という理由から個人的に通販を愛用しています。

通販サイト

よく利用するのは楽天市場のシュゲールという手芸店。
このショップを利用する理由は、以下の3点から。

  1. 取り扱う手芸用品の幅が広い
  2. 楽天のポイントアップ企画に良く参加している
  3. クーポンをよく配布する
    ※3,000円以上で送料無料企画や5%offクーポンなど

リンク:【ビーズ・毛糸・手芸のオンラインショップ シュゲール】
※5,400円以上の購入で送料無料のほか、レビューで送料無料になる商品も多数あります。

その他にも、上述した、実店舗を持つ手芸用品店も各社、ネットショップを所持しているので併用して利用すると良いかと思います。

貴和製作所
ユザワヤ
クラフトハート トーカイ

お試し価格の100円均一

1,000円以上をかけてレジン液を買うのはちょっと使いきれるかわからない…。
少し試してみたいだけ。
そんな方には100円均一はやっぱり頼れるショップです。

最近はレジンコーナーが充実しており、カラーレジンまで置いてある場所も。
UVレジンだけではなく、封入するフィルムやミール皿なども販売しているようです。
DAISOとseriaでは販売を確認しました。

100円均一のメリットとデメリット

メリット

  • 価格・量ともに控えめで気軽に手を出すことができる
  • 既に着色済みのレジン液もある

デメリット

  • 気泡が入りやすいなど、すこーし質は低い
    ※保管期間の問題の可能性もあります
  • 着色剤がないので、オリジナルカラーの作成はできない

ちなみにトップの画像は過去に100均で販売しているUVレジン液でした。

レジン液のみでなくてもシリコンマットやマスキングテープなど、お世話になることの多い100円均一なので、
お家の近くに大きい100均があればラッキー!!
と言って良いと思います。

DAISO、seriaへのリンク

DAISO
seria
※特にseriaは「手作り広場」というコーナーもwebサイトにあり、作品制作を応援した品ぞろえの印象です。

その他、実はこんなところにも。東急ハンズや画材店

様々なキットや面白おもちゃなどもあって楽しい東急ハンズ

東急ハンズでもUVレジンのキットが販売されていました。
以前見たときはUVレジン液そのもの、ではなく入門キットという扱いでしたが、今はもう少し拡充されているかも知れませんね。
入門キットはレジン液・パーツ・作り方と揃っていて、初心者に優しいのが嬉しいです。

ラフスケッチから一括で?画材店

世界堂、という画材店にも置いてありました。
さすが画材店、ということで着色剤が豊富でした。
私は絵も描くので画材店も大好きなので、ついで買いも良くしています。

世界堂
※オンラインショップには掲載がなかったので、店舗によるかもですね。

まとめ

前文にも書きましたが、私が始めた時と違って、UVレジンを購入する場所も増えました。
選択肢が多いので生活圏や目的と合わせて、自分に合った場所で購入するのが良いと思います。

私はどちらかというと出不精かつ手芸店に行くと目移りして散財しがちなので通販が主ですが、UVレジン液はともかく、チャームやパーツ実物を見ての購入が一番おすすめです。
サイズ感や色味だけはディスプレイ上だけではわかりづらいですから。
といっても通販で福袋的なものを買うのもワクワクするので、どれも使い方次第、といったところです。

まずは買ってみる。やってみる。
そうすると向き不向きも初めてわかるので是非一歩踏み出してみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

お知らせ
◇フォローお願いします。

Sponsored Link

ランキングに参加中です

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ