【過去の作品類】


手芸用品のお買い物情報

レジンアクセサリー作成に使う型【シリコン系】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レジンで小物を作る際に利用している型

レジンアクセサリーを作る際に使っている型についてご紹介します。
自分が使っているものの写真と合わせて紹介しますので、参考にどうぞ。

手芸ショップで売っているパジコモールド(シリコン製)

KIMG0088

パジコのシリコンモールドは手芸ショップでも売っているので、スタンダードなUVレジン用の型ですね。
型の種類も多く、半球型のものからアルファベット、キューブ型などあります。
特に初心者におすすめの扱いやすい型で、私も一番初めに購入した型はこのパジコのシリコンモールドでした。
→ パジコのシリコンモールドの検索結果【楽天市場】はこちらから ←

ネイルアート用の小さいシリコンモールド


11051306_5459a22f39e50

こちらはパジコではないですが、ネイルアート用の小さいシリコンモールドもあります。
とっても細かいパーツとなので、主役とするのではなくレジンに封入するパーツ作りに使うことをお勧めします。

→ ネイルアート用の小さいシリコンモールドの検索結果【ネイルサプライ】はこちらから ←

無印良品製 ビー玉型のシリコン型

KIMG0084
一時期web上でUVレジン作家さんの間でブームとなっていたので、ご存知の方も多いかもしれません。
球形が作れるシリコン型です。
メーカーの説明文には製氷器やチョコレート型としても使える旨が書かれています。おそらくUVレジンでの使用は想定外だったと思うので使うときには自己責任で。
昨年は売り切れが続いていたようですが、今は無印良品のネットショップで購入が可能です。通販限定商品なので店頭での販売は残念ながらありません。
→ 無印良品のネットショップ 【ネット限定】シリコーントレー/ビー玉のページはこちらから ←

市販じゃ物足りないという方に自作型1-おゆまる-

KIMG0087
画像はおゆまるで型をとってみたものです。
お湯に付けると柔らかくなり、何度でも型を取りなおすことが出来ます。反面、熱を加えると柔らかくなってしまうので、固まる際に熱を発するタイプのレジンとは相性が悪いことも。
100均でも購入できるので、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。

市販じゃ物足りないという方2-シリコンゴム

KIMG0089
2液性のシリコンゴムで粘土のようなシリコンゴムです。2つを混ぜ合わせることで硬化が始まるので、手早く作る必要があります。こういった2液タイプのシリコンは液体のものと粘土のようなゴムタイプがありますが、ゴムの方が安価ですし扱いやすいので初心者におすすめです。写真の商品はseriaという100均で売っていたものです。近所のseriaでは常に売っているわけではないのですが、108円なので見かけたら試しに使ってみても良いと思います。

大きなものを作りたい場合には100均のものでは足りないので、手芸ショップで販売しているものを購入すると良いでしょう。
手芸ショップで良く見かけるものとしてはブルーミックスという製品があり、こちらは700円弱程度から。内容量によってはもっと高い場合もあります。
→ ブルーミックスの紹介ページ【楽天市場のシュゲール】はこちらから ←

ちなみに自作したものはこんな感じ。
KIMG0086
これはブルーミックスではなく、 【ハンドミックス】 という商品を使いました。購入した当時SALE品になっていたので。

最後に

私が2年ほど前にUVレジンを扱い始めた頃はモールドも全然販売していなかったのですが、今は種類がとっても増えました。
シリコン型にしても100均でお菓子用トレーなどで可愛いものもありますね。

シリコン製以外にもポリプロピレン制のクリアパックやストローなどもUVレジンにくっつかないので、お弁当用のしょうゆ入れやストローなども発想によっては面白いパーツが作れたりします。
こちらの話はまた別の機会にでも。

最後までご覧いただきありがとうございました。

お知らせ
最近はtwitterで頻繁に呟いております。更新情報もお知らせしますので、良ければこちらも併せてフォローいただければ幸いです

Sponsored Link-amazon

ランキングに参加中です

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ