【過去の作品類】


手芸用品のお買い物情報

【紹介】アクセサリー作りに使う金具いろいろ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセサリー作りに使う金具(パーツ)の名前と用途

  1. 丸カンとCカン
  2. アクセサリー パーツ Cカン シルバー925<0.7mm 30個入1g>Cカン シルバー 接続金具 シルバー925 【P12Jul15】 【RCP】【HLS_DU】【IN0718】【201503wadai】

    価格:414円
    (2015/7/10 18:17時点)

    用途としてはどちらも、パーツとパーツを繋ぐためにあります。
    違いは「形状」で、丸カンはその名の通り、丸くなっていて、Cカンは少しつぶれた楕円形になっていてつなぎ目が楕円の長い部分にきます。
    ※ショップによっては、同じものとして扱っている場合もありますので注意。
    どちらを使うかはデザインによってでよいかと思いますが、Cカンのほうがパーツとパーツが外れにくい形状なので、迷ったらCカンのほうが良いかと思います。
    私は丸カンをよく使っていますが、それは繋ぎ目がCカンのほうが外れにくいという特性を知らない時に買ったパーツが余っているからです……。

  3. カニカン
  4. カニカン

    価格:216円
    (2015/7/10 18:21時点)
    感想(0件)

    ネックレス等の留め具に使います。
    その他にも、ストラップを作る際にレジンで作ったチャーム等を組み合わせたあとにカニカンを付けておくことで、簡単にトップが変えられるストラップが作れます。
    一々ペンチ等を用意しなくてもチャームが付け替えられるので、気分に合わせられて楽しいです。

  5. ヒートン
  6. Lヒートン 1個

    価格:21円
    (2015/7/10 18:23時点)
    感想(1件)

    ネジと丸カンが合体したような虫眼鏡アイコンみたいな形状の金具です。
    木やレジンパーツに差しこんで使います。これを取り付けることで、丸カンやCカンと組み合わせられるようになり、ほかのビーズなどと組み合わせることも容易になります。
    私は使用頻度がとても高いパーツです。

  7. Tピン
  8. Tピン(5グラム) 金アクセサリー パーツ 金具

    価格:118円
    (2015/7/10 18:26時点)
    感想(81件)

    片方の先をつぶした針金の金具。
    ビーズを通したあと、余った直線の部分を自分で丸く形を整えて使います。
    垂れ下がるタイプのアクセサリーを作りたい場合に、一番下に位置するビーズ等に通して使います。
    片方は頭をつぶしたT字になっているので、そこでビーズが止まり、もう片方では丸い形を作るので丸カンやCカン等で他のビーズやパーツとつなぐことができます。

  9. 9ピン
  10. 9ピン(5グラム) 金アクセサリー パーツ 金具

    価格:108円
    (2015/7/10 18:29時点)
    感想(88件)

    Tピンとよく似ていますが、こちらは先が丸くなっている金具で、ビーズを通した後にもう片方を自分で丸く整えます。
    Tピンとは違い、垂れ下がりパーツ等の中部分を繋ぐときに使います。すべて9ピンや丸カン・Cカンで繋ぐことで垂れ下がりではなく、ブレスレットやネックレスの加工にも使えます。

  11. クラフトワイヤー(アーティスティックワイヤーとも)
  12. クラフト ワイヤークラフト アーティスティックワイヤー 直径1.0mm 【ネコポス可】

    価格:378円
    (2015/7/10 18:33時点)
    感想(23件)

    これは普段はあまり使わないかもですが、メガネ留めなどのワイヤーワークを行う際などに使います。
    一応、慣れれば石留めなども自分で作れるようですが……チャレンジしてみましたが結構難しいので、初めてのアクセサリー作りではおとなしく、Cカン等を使うことをお勧めします。

最後に

私がよく使うものを中心に紹介させてもらいました。
このほかにも色々な金具があるので、自分の作りたいものに合わせて選んでいただければ、と思います。
金具の色は統一して買うように注意です。

お知らせ
最近はtwitterで頻繁に呟いております。更新情報もお知らせしますので、良ければこちらも併せてフォローいただければ幸いです

Sponsored Link-amazon

ランキングに参加中です

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



コメントを残す

*