【過去の作品類】
レジンでリボンの形のオリジナルパーツ


作品ギャラリー

【簡単!】プラバンとレジンを使ったリボンパーツの作り方


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レジンでリボンの形のオリジナルパーツ

プラバン×UVレジンでぷっくりパーツの作成でもちょこっと写っていたリボンパーツの作り方をまとめました。

作業写真を一部撮っていない&撮った写真がわかりづらいということで、エクセルで作り方をまとめてみました。
こんな感じで作りました。

ribon_resin
※クリックすると拡大します。

◆作り方の詳細◆

  1. プラパンを適当な大きさに四角く切る
    完成は約4分の1サイズ(縦と横の辺がどちらも半分程度まで縮小されます)になるので、小さすぎると扱いづらくなります。
  2. 三角を2つ描きます。この三角がリボン本体です。
  3. 2で描いた三角の中身を好きな色で塗りつぶします。
    特に希望が無ければ赤やピンクがリボン!って感じの見た目になるかと思います。
    片面だけでなく両面塗っておきます。
  4. 色を塗った部分を残していらない白い部分のプラバンを切ります
    色を塗った三角の端も丸めるようにカットしてあげても可愛いと思いますが今回はとりあえずそのままにしました。
  5. プラバンの説明書に従ってオーブントースターで熱します
    大体4分の1程度まで小さくなります。
    できてすぐは熱いので気を付けてくださいね。
  6. レジンで両面をぷっくりさせて、スワロフスキーストーンも載せてUVライトで固める。
    どのくらいぷっくりさせるかはお好みでどうぞ。
    レジンを使うことでプラバンの荒れも光のマジックで多少隠すことが出来ます。
    マスキングテープを利用して固定しながら行うと、ぷっくりさせやすかったです。
    パーツ自体はここで完成となります。
  7. あとはマルカンなどを付けたり、ブローチピンの台に付けたりとお好きに加工してください

プラバンを使う事で好きな形のパーツづくりに応用できるのが良いですね。

web上にはフリーで使えるシルエット素材のサイトなどもありますから、そこでシルエットを印刷してプラバンに写してカットしたり、クッキーの型をプラバンに写したりと、アイディア次第で自由なパーツが作れると思います。

イラストは苦手なの!という方もプラバンでオリジナルパーツ作りを試してみてはいかがでしょうか?

◆本日の使用素材類◆

**本体**
・白のプラバン
・UVレジン
[ 販売サイトへのリンク → 楽天市場 – UVレジン – ]

・スワロフスキーストーン
 [ 販売サイトへのリンク → 100粒184円~!スワロフスキーラインストーン ]

**工具類**
・UVライト
[ 販売サイトへのリンク → ネイルサプライ – UVライト – ]
・オーブントースター
・ハサミ

お知らせ
最近はtwitterで頻繁に呟いております。更新情報もお知らせしますので、良ければこちらも併せてフォローいただければ幸いです

Sponsored Link-amazon

ランキングに参加中です

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



コメントを残す

*