【過去の作品類】
プラバンとレジンでオリジナルパーツ


雑記

【雑記】珈琲ショップ開店のお知らせ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかくなので珈琲豆についても!

お久しぶりです。

10月ごろからお手伝いさせていただいていました、珈琲豆を販売するwebショップがやっと開店にこぎつけました。
ここ最近はそちらにかまけておりましたので、こちらのwebページの更新がおろそかになってしまっていましたが、新年からはまた週に2回程度の更新ペースに戻せれば、と思っております。

今日はひとまず、ご紹介できる作品が手元にないので、こちらのショップについてのご紹介となります。
URLはこちら → web shop Cafe Lull : http://cafelull.buyshop.jp/  ←

珈琲豆は高い?安い?

販売させていただいている珈琲豆ですが、実は価格はちょっと?いや、結構?高めとなっております。

これには当然理由があって、美味しい珈琲を提供するため、これ以上の低価格は難しかったのです。
「美味しい珈琲」のために、どんなことをしたのかというと、具体的にはカフェなどで使われるティーコーヒーという種類の豆を利用していたり、夜にホッとする時間にも飲んでいただけるようにカフェインレスの豆をブレンドしたり、といった工夫があります。

また、珈琲豆の鮮度、という観点からもどうしても価格が高くなってしまうのでした。

価格の理由:意外と短い珈琲豆の美味しく飲める期間

私自身、今回のお手伝いで初めて知ったのですが、珈琲豆が粉へとひかれてから美味しく飲める期間は実は結構短くて、2週間ほどなのだそうです。焙煎後、挽かずに豆のままなら1か月ほどが目安です。

焙煎後は、珈琲豆そのものからガスが発生していまい、それで劣化してしまうのだとか。豆の状態に比べて粉のほうが劣化が早いため、挽いてからは早く飲むことが重要となってきます。
今回、お世話になった焙煎所さんでは「珈琲豆は生鮮食品である」のだそうです。

焙煎後、日が経ってしまったら飲めない?

これに関しては、いいえです。
市販に販売されている豆の賞味期限が長いことからもわかるように、ひと月を過ぎても飲んでいただくことは可能です。
ただ、飲み比べてみるとやっぱり香りは劣りますし、劣化による酸味やえぐみなども強く出てきてしまいます。

ご飯などと同じで、美味しいものが食べたいなら炊き立てや挽きたてがおススメですが、とりあえず味は二の次でお腹が満たせればいいというのであれば、冷凍ご飯や焙煎後、日が経った珈琲でも欲求は満たせますね、ってことです。

1杯あたり200~300円は高い?

上記の観点から美味しく飲んでもらいたい、ということで焙煎日の表示を入れて、販売期限があって、注文をいただいてから豆を挽いて配送……ということでお値段高めなのでした。

とは言っても、1杯あたりは200~300円以内に収まりますから、ちょっとした自分へのご褒美としては悪くないのではないでしょうか。
ちなみにブレンドにはインド ボアプスという豆も使用していて、こちらをカフェで頼んだことがありますが、1杯で600円はします。

今回、提供する商品はなんとなく飲むのではなく、1杯を味わっていただきたいし、珈琲を通じて楽しい時間を過ごしていただきたい、という思いを込めたブレンドコーヒーなのでした。

facebookのカバー写真は私が作成しました

ちなみに。
今回のweb shop作成においては主にwebページの作成だとか、写真の準備だとかをメインにお手伝いしています。

facebookのカバー写真は私が作成したのですがいかがでしょうか。
※使用している画像はどちらもshopで取り扱っている珈琲となります。
facebook_cover2

個人的にはほんわかとしたかわいい感じが結構気に入っています。

最後に

今回、利用させていただいたサービスについても備忘録的にここにまとめさせていただきます。
サービス等が不要な方は、記事本文はここまでとなっておりますので、最後までごらんいだきありがとうございました。

  1. web shop Cafe Lull : http://cafelull.buyshop.jp/
  2. 無料ネットショップ開業「BASE」 : https://thebase.in/
  3. 美しいデザインのアンケートツール「クリエイティブサーベイ」 : https://creativesurvey.com/
  4. フリー素材*ヒバナ *  * : http://hibana.rgr.jp/

年が明けた頃に、以前開設した後に閉設したままとなっている私自身のショップも再スタートを切る予定ですので、こちらもよろしければお願いいたします。

お知らせ
最近はtwitterで頻繁に呟いております。更新情報もお知らせしますので、良ければこちらも併せてフォローいただければ幸いです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link-amazon

ランキングに参加中です

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



コメントを残す

*