【過去の作品類】


雑記

【縁の下の力持ち】レジンアクセサリー作成には何を準備したらいい?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レジンでアクセサリーを作る時に使うものとは

最近は100均でもレジンコーナーが出来ていたりと入手が容易になった分、やってみたい!と気軽に手を出せるようになったのではないでしょうか。
このサイトも100均やレジンで探してきてくださっている方も多いようです。

というわけで、今回はレジン初心者さん向けに持っておくと便利なものを紹介していきたいと思います。
※ここではUVレジンそのものやデザインフィルム、チャーム等やヒートンなどの金具類は省いています。

UVライト

必要度:UVレジンを使うならあるとかなり便利。
UVライト

まずは定番のUVライト。
UVレジンは紫外線で固まるので、絶対必要、というわけではありませんが、硬化を待つ間にホコリや砂が入る、といったリスクが防げる&時間短縮が図れる点が良いです。
1回目のチャレンジならなくても良いと思いますが、作ってみて「面白い!」と思った方は是非購入することをお勧めします。
購入は手芸ショップの他、ジェルネイルのサイトもお勧めです。ネイル用のコンパクトなライトを購入することができます。
 [ 販売サイトへのリンク → ネイルサプライ – UVライト – ]

ペンチ&ニッパー

必要度:絶対持っておきたい
542fa907af4e9fb97b1a95864cbe2e8d_s

はみ出たレジン(バリと呼びます)を取り除いたり、レジンとアクセサリーパーツを組み立てるのに使ったりと、型で抜くだけでなくアクセサリーとして加工するなら必須の工具です。
100均でも大きいところなら売っている場所もあるようなので、持っていないようなら1セットくらいは持っていて良いかと思います。

ピンバイス

必要度:持っておきたい。
KIMG0010

穴をあけるための道具なので、キリなどがあればそちらで代用も可能ですが、あまり力を入れずに削れる点や穴の大きさをドリル刃を変えることで変更することができるなど、メリットが大きいので、持っておくと良い工具の一つです。
値段も本体1,000円程度、ドリル刃は1本なら数百円程度から購入することもできます。セットで買っても2,000円は超えないかな?
レジンにビーズみたいな穴をあけることもできたりと自由度が広がるので、お勧めです。

つまようじ

必要度:絶対持っておきたい。
KIMG0019

家にすでにあるもので十分なので、準備しておきましょう。
気泡をつぶすのにも小さなチャームの配置を直すためにも使えます。
吊り下げる形のチャームの場合もつまようじに丸カン等を通しておき、吊った形でニスを乾かすなどにも使っています。
100均等でクラフト用に購入しておいても良いと個人的には思うレベルです。

マスキングテープ

必要度:持っておきたい
マスキングテープ

これも何かと便利です。
チャームの仮配置しておくにも良し、枠型にレジンを流し込みたいときに底代わりにしておいたりも。
また、レジンの台は小さいものが多いので、要らない箱等にマスキングテープを貼ってその上にレジン用の台をセットすれば、安定して作業ができます。
UVライトに入れるときや作業の際に直接台に触れなくて良いので手にレジンがつく心配もありません。

ノンアセトンタイプの除光液

必要度:あると便利
KIMG0022

UVレジンが硬化不良を起こした際にべたつきをふき取るのに使えます。
これも自身の除光液と兼用で構いませんので、除光液購入の際にちょっとだけ成分に気を使ってあげると良いかと思います。
べたつきをとるための薬液も手芸ショップ等で売っているので、あくまで代用品という位置づけになりますが、困った時にはあると便利かなと。

紙コップ

必要度:あるなら使う
KIMG0024
レジンに色付けするときに意外と便利です。
適当な割りばしやストローなどをマドラー代わりにしてくるくると。
底が深いのでこぼれないし、白いコップが安いので、色も判断しやすいのでお勧めです。

ひとまず私が使っているのはこのあたりでしょうか。
こんなものを?と思うものもあったかもしれませんが、参考になったら幸いです。

お知らせ
最近はtwitterで頻繁に呟いております。更新情報もお知らせしますので、良ければこちらも併せてフォローいただければ幸いです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link-amazon

ランキングに参加中です

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ