【過去の作品類】
UVレジン_宇宙塗り


作品ギャラリー

【かんざしを作ろう】飾りのビーズ部分の簡単な組み合わせ方


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビーズの基本的なレイアウト

【100均を使う】夏らしいかんざしの作り方で100均のお箸を使ったかんざし作りの記事を書きました。
その時には飾りの部分に関してはさらっと「作ります」の一言で済ませてしまったので、今回はビーズ等のレイアウトについてです。

私自身、あまり凝ったものを作れているわけではないのですが、私は「縦につなぐ」か「横につなぐ」を基本にレイアウトしています。
ここでは、私が作るうえで感じたことやポイントなどを挙げていきたいと思います。

縦につなぐレイアウト

KIMG0013-2-2
言葉通りなのですが、ビーズを直列につないでいくレイアウトです。
同じサイズのものを繋げる、1番下に大きめのサイズのビーズを配置してリズムを作る、大・小・大・小・大と配置するなど、「縦に」と一言で言っても組み合わせは様々です。
ポイントとしては1番下に繋げるビーズが1番大きいもの、もしくは最大サイズと同一のものにすることでしょうか。
上記画像ではほんの少しですが大きさを変化させています。
また、プラバン等で作ったチャームを下げたい場合も一番下に配置すると安定感があるかと思います。

横につなぐレイアウト

KIMG0013
横、というと少し語弊があるかもしれませんが、一つの丸カンもしくはCカンに複数のビーズを連なるようにつなげるレイアウトです。
ブドウの房のような感じ、といったほうがわかりやすいかもしれませんね。
この場合も縦につなぐ際と同じで同じサイズのものを繋げると綺麗に見えやすいです。
大きなサイズのメインのビーズをつなげたい場合には「縦につなぐ」と組み合わせると良いかと思います。
上記画像では、黄色と緑色のドロップ型ビーズは横に、同じ丸カンにパールビーズと淡い青色のレジンで作った飾りを縦につないだものを組み合わせています。

プラバン等で作ったチャームを下げたい場合には大きさの差でリズムを作ってあげると見栄えがしやすいです。

最後に

ここでは私が良く使う「簡単で比較的見栄えのするレイアウト」を紹介させていただきました。
これが正解!というものがないのも、物づくりの良いところだと思うので、是非色々な組み合わせを楽しんでいただけたらと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。
kanzashi_layout

お知らせ
最近はtwitterで頻繁に呟いております。更新情報もお知らせしますので、良ければこちらも併せてフォローいただければ幸いです

Sponsored Link-amazon

ランキングに参加中です

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



コメントを残す

*